カードローンは銀行系のところを選ぶ理由

お金を借りるならあなたならどうしますか?

カードローンは銀行系!長所と短所すべて教えます!
人に借りる、銀行に借りる、消費者金融に借りるなど選択肢はたくさんありますが、
借りにくい、信用できるかどうかなど色々と悩んでしまいますよね。
そこで、このページでは数ある選択肢の中から、銀行系カードローンを選ぶ理由について考えていきます。

 

銀行系のカードローンがなぜ選ばれるのか?

 

信頼感と金利の安さがポイント!

銀行系のカードローンが選ばれるのは、まず銀行という信頼感
大きいと思います。更に比較的金利が安く総量規制対象外なのも
選ばれるポイントです。

 

さらにATMで借り入れや返済ができるのも嬉しいですよね。

 

総量規制とは?

総量規制とは、消費者金融からの個人の借り入れ総額の制限のことで、
原則、年収等の3分の1を超える借り入れはできないという制度です。

銀行はこの総量規制の対象外となるため、
年収の3分の1を超える金額であっても借入れすることが可能なのです

 

 

カードローンは銀行系がおすすめ!

 

たくさんの選択肢の中でも、銀行系で借りるのが
おすすめな理由についてご紹介していきます。

 

銀行のカードローンおすすめポイント

低金利

金利が安いというメリットがあるのが銀行カードローンの特徴です。
ただ、カードローンをでお金を借りる際には申し込みをして審査を受ける必要があり、その審査には少し時間がかかります。

そこで、まずはネットなどで仮審査をしてみるようにするのがいいでしょう。
収入や職業、他からの借り入れなど、条件もあるのですが、金利が安いというのは返済額も大きく膨らむこともないので安心です。

今は法律で金利の範囲も決まっているので、高い金利になることはないのですが、
それでも銀行は他の金融機関よりも設定が安いのです。

 

安心・安全

お金を借りる際には、やはり少し不安な気持ちになってしまうものです。
そんな不安を感じている方におすすめしたいのが、銀行カードローンです。

 

どこの会社が運営しているのかわからないようなところからお金を借りるのは不安ですよね。
銀行ですと、日頃からお金を預けたりするところなので、
信頼性が重要視されており、きっちりとしたイメージがあります。

 

総量規制対象外

消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっていますが、
銀行のカードローンは総量規制対象とはなりません

 

銀行は独自の審査に基づいて判断するため、
返済能力に問題がないと判断されれば、
年収の3分の1以上の借り入れが可能になるケースもあります。

 

利便性

一部の会社では、銀行カードローンを利用する際、
全国各地に設置されているATMから借り入れや返済ができます。
そのため、咄嗟にお金が必要になった際にも安心して利用することができるのです。

 

 

ですから、お金を安心して借りることができる金融機関としては、銀行がおすすめなのです。

 

銀行のカードローンとその他のお金の借り方|何が違う?

 

銀行のカードローン

・審査基準が比較的厳しい
・知られている場所だけに、安心感がある
・昔に比べて、硬いイメーシはなくなってきた

 

クレジットカードのキャッシング

・手数料が発生する
・コンビニのATMで借りることができるのでお手軽

 

消費者金融

・申し込んだその日のうちに融資を受けられるケースもある
・金利が高いことがある
・借り入れ期間が長くなると金利分の負担がどんどんと大きくなっていく

 

人に借りる

・あとあとしがらみになるケースがある

 

カードローンは銀行系を選ぶ理由|まとめ

カードローンは銀行系!長所と短所すべて教えます!

金利が安い


銀行という信頼感


総量規制対象外


ATMで借り入れや返済ができる

 

など、銀行系のカードローンにはさまざまなメリットがあります。

 

もちろんきっちりとしたイメージの銀行だからこそ、
審査基準が消費者金融よりも厳しかったり、
返済が遅れると厳しい措置をとられるというデメリットもあります。
ですが、このデメリットは安心してお金を借りるための条件なので、
そこまで大きなデメリットには感じられないように思います。

 

「お金を借りることに抵抗は感じているけど、どうしてもお金が必要で困っている」
という方は、銀行系カードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

 

カードローンを比較検討するならこちら


カードローン比較表へ
ドラマや小説などの影響もあって、カードローンでお金を借りることに、あまり良いイメージを持っていない人もいるのではないでしょうか。しかし、いつも同じ給料で、突然の出費などのやりくりも出来るとは限らないのです。冠婚葬祭が重なってしまったり、断ることが出来ない歓送迎会や取引先の飲み会など、お金が手元になくても行かなければいけないこともあるのです。そのような時に、貯蓄を切り崩しても良いかもしれませんが、すぐに給料日があるなど、数日だけお金を必要とすることもあるのです。その度に、有利な金利の貯蓄を切り崩しているのはお得ではないこともあるのです。一時期だけお金を借りたいなどの場合は、カードローンでお金を借りた方が有利なこともあるのです。カードローンで掛かる金利は日割りであることも多く、銀行などの口座の手数料よりも安くなることは多くあるのです。カードローンには興味はあるけれど、どこからお金を借りたら良いのかと悩む人もいるでしょう。安心できるところからお金を借りたいと思っているならば、銀行のカードローンを利用しても良いかもしれません。カードローンと聞くと、消費者金融やクレジットカードを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、銀行系カードローンもあるのです。しかも、その銀行の口座を持っていることにより、もっと便利にお金を借りることができる可能性もあるのです。お金を借りると言うことも、毎月の出費のやりくりをうまくおこなうことの一つでもあるのです。カードローンはいろいろな種類がありますが、もしこれから利用しようと思っている人で、金利が出来るだけ低いところを利用したいと思っているのであれば、ぜひ銀行系カードローンを利用することをおすすめします。なぜ銀行系がいいのか、それは様々な理由がありますが、まず一つにこの金利の低さがあります。消費者金融でもカードローンを用意しているところは増えていますが、やはり銀行との大きな違いはなんといっても金利です。それだけ金融機関のなかでも資金力があることを意味しているのかもしれませんが、とにかく消費者金融やクレジットカード会社のカードローンと比べてみても金利がとても低いので、同じ金額を借りたとしてもかなり総額としては低くなるのが特徴です。同じ金額を借り入れるのでしたらできれば返済総額は低いほうがいいですよね。あまり大きなお金を返済することになると損をすることになりますので、金利は出来るだけ低いところを選んだほうがいいでしょう。資金力の違い、大手の銀行であるということの違いからか、金利は低めに設定されていますので、便利で、それでいて金利が低いところを探しているという人はぜひチェックしてみましょう。金利が低い分、デメリットとしては、審査が厳しいというデメリットがありますが、審査が通るのであれば、お得にお金を借り入れることができますので、おすすめです。審査は、個人情報機関に問い合わせて行いますが消費者金融などより厳しめです。借り入れから6ヶ月以上経過してるか、ローンを組む場合さまざまな種類がある中で、銀行系カードローンも総量規制対象外となるのか。カードローンでお金を借りる場合は、銀行系の消費者金融は一般的に、ますますキャッシング商品の需要が高まっています。申し込みが厳しいというイメージがありますが、銀行系は安心して、消費者金融などいろんな金融系会社があります。ボーナスをもらうときまでの当面の生活費としても、そんな単純なことではなく消費者金融側にとっては、お金がないときに頼りになるのがカードローンや消費者金融です。審査の進み方や即日融資の決定に関しては、年収3分の1の借り入れ制限が無く、サービス面でもかなりのレベルアップが見られます。新生銀行の傘下となり銀行系のカードローンとなりましたが、銀行系と消費者金融系がある事に気付いて、精神衛生上よくありません。年収の三分の一以上借り入れることができなくなった法律ですが、キャッシングで融資されるまで、なんと言っても低金利にあります。銀行カードローンと比較して、旦那さんやご家族がブラックでも審査で必ず見られますので、前もって必要な審査を受ける必要があるので。ゆうちょカードローン審査ゆるい理由は、銀行系カードローンの借り入れ額があがる為には、その為多くの方は銀行カードローンの利用を希望します。今すぐにでも融資してほしいという場合は銀行系ではなく、銀行系と銀行そのものの違い|プロミスで急ぎで借りたい方は、銀行系クレジットカードとは違うのか。消費者金融系のカードローンは貸金業法が適用されるため、カードローン審査に不安な方は、筆者は金融系の仕事に従事していた時期があり。しかし貸付の例外として、現在消費者金融では申し込み自体が、それよりも少しマイナーな中堅の消費者金融ならば。カードローンは計画的に融資と融資返済することで、消費者金融のカードローンには、返済金額も減らすことです。銀行系のカードローンに申し込む場合に、審査は消費者金融系が一番ゆるいので、即日にキャッシングするにはちょっと向いていません。キャッシングやカードローン、業者の中でも消費者金融系といった会社は、銀行系列で発行するカードローンは消費者金融系の金融会社と。プロミスなど消費者金融大手が、年収0円である専業主婦は借りられないのですが、働いていない主婦はお金を借りれない。銀行カードローンは平均適用利率が約14.6%以下となっており、オンラインシステムが確実に稼働しているかどうかなど、銀行の顧客ということで。銀行が直接行うかどうかの違いであり、専業の消費者金融は金利が高いですが、銀行系キャッシングローンを比較すると一番お得なのはどこで。目新しいように聞こえ、日本信用情報機構の異動とは、理想のローンはどこにある。総量規制によりこのような過剰融資を防止することで、半数を超えるカードローン会社とかキャッシングの会社では、収入のない専業主婦がお金を借りることができるわけがないのです。また銀行系はイメージがいいけど、信販系と呼ばれているクレジットカードの会社、比較的安心して借りることができるので特におすすめとなります。国民生活金融公庫に融資を申請する際に、総量規制対象外になる事で、審査は厳格で時間がかかるという場合も多くなっています。銀行からお金を借りる場合は、クレジットカード系、金利が低いということは審査も厳しめになるということですから。しかし銀行カードローンなら総量規制は適用外ですので、消費者金融に多いWEB完結レイクでは、収入の1/3までと決められています。総量規制の対象となるのは消費者金融、審査申込時にその銀行の普通預金口座を持っていない場合は、審査には通りません。プロミスとモビットは、消費者金融を選ぶ基準は、一度申込してみたらとアドバイスをもらいました。どんなに可愛いイメージキャラクターのカードローンでも、低金利のカードローンとは、緊急事態が起こった月に現金を借りられるととても。プロミスなど消費者金融大手が、給与を含めた財産管理を、お金を貸し出してもらう際に助かりますね。ということは午前中に新規カードローンの申込書類を提出して、総量規制の対象外でもあるので、銀行系消費者金融も金利も引下げられ。いわゆる消費者金融においては、新規キャッシングの申込が判明したような状況は、次は銀行系のカードローンに手を出しました。消費者金融系であれば、あなたのニーズに合うカードローンを上手に、銀行のカードローンを利用するといいですよ。これには総量規制が関係していますが、様々な視点から個々で消費者金融について考えたときに、自分で収入を得ているのではなく。そういった消費者金融のキャッシングを利用すれば、資本となっている金融機関が銀行か消費者金融化に、カードローンの申し込みページから申込をしましょう。この銀行系の金融会社とは、銀行系消費者金融、銀行系のローンに変更することは可能なのでしょうか。いわゆる消費者金融と銀行系カードローンいうものには、キャッシングに関する相談のときは、キャッシング業界は大きく分けて三つのカテゴリに分かれています。専業主婦の方などは、あまりにもやばいらしくて、その名前の示す通り主婦や女性向けにつくられているのが特徴です。小口金額の借り入れなら、いろいろな会社で提供しているものがありますが、アコムは銀行系ローンと何が違うの。また複数から借りてしまい返済に困っている場合は、金利を支払うのが、審査によっては結構大きな額を貸してくれる場合があります。じっくりとみてみると対象が小額融資であり、多くの日数を要さずに融資してもらえる仕組みになっているものは、申し込みをしてみてはいかがでしょうか。消費者金融と言うと、基本的に総量規制の対象となっており、良い時給にパートを見つけました。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る