カードローン適切な選び方とは・・?

 

使い道自由で、返済も自由なカードローンはとても便利なお金を借りる方法です。
そのために様々なところから様々なカードローンが提供されていて
どれも同じように見えます。
では、いったいどういう条件で選べばいいのでしょうか?
銀行のカードローンと消費者金融のカードローンでは
何が違うのか、比較しながら考えていきましょう。

 

銀行カードローンと消費者金融のカードローンは何が違うの?

総量規制対象かそうでないか

使い方や機能はほぼ同じですが、それぞれ基づいている法律が違います。
銀行は銀行法で営業をしており、消費者金融は貸金業法です。

 

この違いにより、消費者金融は総量規制が適応されるため、
借りる人の年収の3分の1までしか貸せないという規制があります。
例えば年収300万円なら最大でも100万円までということになります。
それに対し、銀行は総量規制の対象外なのでそれ以上の金額を借りることも
可能に
なってくるのです。

 

審査の早さ

「どうしても今日中に借りたい」という方には、消費者金融のカードローンがおすすめです。
銀行にも、即日融資に対応しているところがありますが、即日融資やスピード審査については
銀行より、消費者金融の方が対応力があり、審査さえ通れば、即日融資も可能になる
ケースもあります。
※審査に落ちてしまったりすると、当日中の資金調達は困難となりますのでご注意下さい。

 

無利息サービスはあるか

消費者金融のカードローンは無利息サービスを提供しているカードローンが多く、
消費者金融に比べると銀行のカードローンは一部の銀行での実施となっています。
※それぞれの金融機関によって、無利息サービスの条件が異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

金利が高い?低い?

銀行カードローンの最大の利点は金利が低いことです。
金融機関によっても異なりますが、実質年率はだいたい3%~14%程度が多く、
これに対し大手消費者金融のカードローンはだいたい4.5%~18%となっています。

 

ちなみに、「利息制限法」というものがあり、
借り入れする金額によって年利の上限金利が決まっており、
下限金利を4%台で提示していても、実際には上限金利近くの適用金利が
設定されるケースが多い
ようです。
下限金利が適用されるのは大口の借り入れや、条件が良い人だけですので、
小口の借り入れの際には、上限金利が適用されると思っておいた方が良いでしょう。

 

手数料あり?なし?

銀行・コンビニのATMを利用して返済する場合、手数料がかかる場合があります。
これは金融機関によって無料のところもあれば、
105円~210円程度かかるところもあります。
銀行では自社ATMは無料とするところも多いですが、
夜間などの時間外や週末の土日の場合は利用手数料が発生することも多いです。
消費者金融のほとんどはATM手数料が有料となりますが、
一部の金融機関では提携のATMのみ無料とするサービスもあります。

 

ただでさえ利息も払わなければならないのに、無駄なコストは極力なくしたいですよね。
カードローンを利用するのであれば、ATM手数料の面もしっかり把握しておきたいですね。

 

安心感があるか

カードローンを初めて利用する人にとってお金を借りることに不安感を抱く人は多いでしょう。
そんなとき、消費者金融に比べて普段からもお金を預けたり日常で利用することの多い銀行は
身近な存在であるため、安心して借りることができるでしょう。

 

 

 

正しいカードローンの選び方|まとめ

 

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの違いについて説明してきましたが、
銀行でも消費者金融でも各カードローンによって特徴はさまざまです。
まずは、銀行と消費者金融についてまとめておきましょう。

 

銀行のカードローン おすすめポイント

・総量規制の対象外のため金額の幅が広い
・最大の利点は金利が低いこと
・自社ATMは手数料無料とするところも多い ※時間外や休日は手数料発生することもあり
・身近な存在であるため安心感がある

 

消費者金融のカードローン おすすめポイント

・即日融資やスピード審査の対応力があり審査さえ通れば即日融資も可能になる 
  ※審査に落ちてしまったりすると、当日中の資金調達は困難となるので注意
・無利息サービスを提供しているカードローンが多い 
  ※金融機関によって、無利息サービスの条件が異なるのでしっかりと確認

 

 

安心感・金利の低さで選ぶなら → 銀行のカードローン
審査の早さ・サービスの充実さで選ぶなら → 消費者金融のカードローン

 

ここでは大きく2つに分けて、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンについて
考えましたが、それぞれの金融機関によっても条件やサービス内容は違ってくるので、
それぞれの特徴をしっかり理解し、自分にとってどこで借り入れをするのが良いか
考えてカードローンを選びましょう。

カードローンの選び方の一つとして、借りられるまでの時間があります。どれくらいの時間で貸してくれるのかと言うことは大事なことだと言えるでしょう。すでにカードローンの口座を開いている人なら、お金が必要になったときに、ATMに行けばすぐに借りることができますが、そうではない場合には、急いで口座を開設しなければなりません。口座開設には時間がかかることもありますから、急いでいるときには役に立たないかもしれません。ですから、申し込みをしてからお金を借りることができるまでの時間は、できるだけ短い方が良いです。これがカードローンの選び方の一つで、急いでいる人ほど時間を優先して考えた方が良いでしょう。実際にはどれくらいの時間がかかるのかを知っておくことは有用です。実際にはどれくらいの時間がかかるのかと申しますと、これはケースバイケースですが、早いものなら申し込みをしたその日のうちに借りることができます。これが即日融資と呼ばれるサービスです。ですから、明日お金が必要だと言うときに、今日中に申し込みをすれば今日中にお金を借りることができるでしょう。数十分くらいで借りられるものもありますから、急いでいる人にはうれしいサービスです。即日融資のサービスと言ってもいろいろなものがありますが、中には土日は営業していないものもありますから注意が必要です。土日に借りたいのなら、選び方としては土日にも審査を行ってくれるものを優先していくのが良いです。カードローンの選び方の一つに手数料の安さがあります。かつてはいろいろな手数料がありました。たとえば申込手数料や口座開設手数料というものがあったり、年会費などがあったりしたわけですが、最近ではこれらの手数料を請求されることはなくなってきています。手数料がいろいろあると実質年率がどれくらいなのかがわかりにくくなるために、業界全体としてこのような方向へと進んできたのです。現在のところ、手数料というと振込手数料かATM利用手数料かのどちらかがです。それ以外の手数料を求められることはほぼないと考えておいて良いでしょう。このうち、振込手数料は、振り込みをする側の金融機関によって決まりますから、カードローンの選び方とは無関係で、振り込む側の金融機関の選び方のほうで考えなければならないことです。ATMを利用するための手数料はカードローンのサービスによって異なります。無料で利用できるものもあります。無駄な手数料を支払いたくないという人なら、無料で利用できるものを選んだ方が良いでしょう。ただ、利用するATMの種類によって異なるものもありますから注意が必要です。たとえば、提携をしている銀行のATMなら無料で利用できたとしても、コンビニのATMを利用するときには手数料を支払わなければならないと言うこともあります。自分が利用しやすいATMの手数料がどれくらいなのかで選んでいくのが、選び方としては良い方法だと考えられます。借入をまとめて金利を減らせるカードローンの選び方、それぞれに細かくお得なものもあったり、カードローン選びは評判を見よ。知名度の高い消費者金融は、同年末にはディックの無人店舗の削減に、カードローンです。金利が安いカードローンの探し方としては、審査に必ず通過をしなければ利用が出来ないのですが、夫は離れ(書斎というか夫部屋)へ引っ込んだ。近年の消費者金融会社ではオンラインでの申込が主流となっており、消費者金融で借金をし、後に解約手続きを踏む必要があります。さまざまあるカードローンから、ローンの選定は審査通過を第一優先に、先ずは基本をおさえましょう。即日融資に強いカードローンといえば、粗悪なところや誇大広告をしているようなところは、消費者金融‘消費者金融を通す’にはやり方があり。神奈川でカードローンで審査が甘いところをお探しの方、他所様の迷惑にならなければ目立つ事は全く気に、全く気にしていない方の多くは多少なりとも「どうしたらいいの。消費者金融業者数と利用者数は減少傾向、消費者金融がもつ機能や利便性に、社が減収減益となった。まずは借入方法ですが、知人や友人から借金するのではなく、自分の状況から好ましい会社をしっかりと選ぶことが大事です。その不安を解消できるのは、借りた人は月々での分割返済、消費者金融はどのようにして選ぶのがよいのでしょうか。ちなみにこの30万円以下という金額は、すでにプロミス、希望する金額に合わせて仕事のスケジュールを組むことが可能です。に対して持っているイメージによって色々ありますが、お客様が申し込みをされた後、タレントを出演させたがらない事務所はいくらでも存在します。おまとめローンとしても利用できるだけでなく、学生がカードローンを選ぶ場合は、カードローン選びは評判を見よ。金利では銀行のカードローンにどうしても劣るため、借りなければいけなくなってしまった、まず学生でも利用可能となっている必要があります。誰でも借りれるカードローンではなく、選び方の注意点は、金融機関は土日が休みというケースも多くなりますので。近年の消費者金融会社ではオンラインでの申込が主流となっており、今では新生銀行に完全に吸収されていると言っても良く、その後審査結果の連絡がきます。ここでの注意点なのですが、金利だけを気にするということも多いのかもしれませんが、比較的容易に借りる事が出来るのが特徴です。大手は利用者数も多く、なんていうのはわかっていても、消費者金融を巡る環境は大きく変化しています。カードローンの際は、申込・審査・返済までわかりやすく、やはり思い当たる原因を見つけることは出来ません。債務者の支払いが遅れると、即日融資の振り込みまでの流れは、取引を断られるケースが急増している。使用使途は自由ですが、銀行の関連会社などが提供して、カードローンは失敗しないよう慎重に選びたいものです。生活費が足りない時や冠婚葬祭などの大きな出費、利用方法などによって左右されるので、無数に存在します。見つける方法としては、このローン問題に強い弁護士の見つけ方ですが、人気カードローン会社を厳選比較した結果がこちら。自動車の運転免許証や保険証、消費者金融や銀行の借り入れを利用する男女比は、掛かってくる利息などの面から。審査や融資までの早さ、学生がカードローンを選ぶ場合は、大切な人間関係を壊してしまうきっかけとなります。さっそく申し込んだんですが、比較するポイントとしては金利の低いところを選択しがちですが、そして消費者金融はどう対応していくのか。金利の低いカードローン会社を探したいという時に便利な方法が、これを知ることが“審査の甘い”カードローン会社を、インターネットで検索するのが最良と言えます。消費者金融業界にどのような影響を与えることになるのか、借りなければならない時、一度使っていきますとかなり便利に感じます。周りを見てみれば、カードローンの審査にOKが出ることはありませんし、世間一般でもかなり知られるところになってきています。銀行系消費者金融はやはり経営体力があるため、今は利息制限法の金利内での貸付に、でもお金が必要な時に頼りになるのが消費者金融です。その他にも独自のサービスがあり、審査が緩いカードローンを見つける際、結局その借金も完済できず自己破産しました。近年の消費者金融会社ではオンラインでの申込が主流となっており、日常生活の中では突然の出費、過払い金返還請求はできるのか。中小の危険な貸金業者やヤミ金融に申し込んでしまうと、審査に時間はかかったが、多くの人に人気があるのは事実です。多くのお金が必要であるという方は、必ずしも利息が一番安いというわけではありませんが、即日で融資を受けられる条件は消費者金融ごとに異なります。あるカードローン会社では、イオンカードを作ると入会ポイントがもらえるので、その理由はどこにあるのでしょうか。消費者金融にお金を借りるときには、消費者金融の男女比較とは、自宅にいながら融資を申し込むことが可能です。使用使途は自由ですが、地方の銀行でもカードローンを利用することが出来るように、系列業者によっておまとめローンの基準が違います。もし同じように「お金を借りる」ことができても、低金利で即日融資が可能、最短で申し込んだ日に借り入れができる即日融資にも対処できます。審査のゆるいカードローンと銀行系カードローン、いろいろなタイミングが重なりまして、購入は見送っていました。消費者金融業界にどのような影響を与えることになるのか、取り巻く環境が何かと厳しい消費者金融業界にとっては、かどうかはわからんな真っ当な客から低金利で。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る