モビット|年齡の条件をチェック!私でも借りれる?

カードローンやクレジットカードの契約は20歳以上でないとできないと知っている人は多くいます。これは「契約」という行為が未成年には認められず、もし未成年が契約行為をしていても無効とされてしまうからです。一方、カードローンやクレジットカードなど、お金の貸し借りが発生するような契約の場合、上限の年齡制限というものも存在します。定年を迎えると収入が大幅に減少してしまい、支払いが出来なくなる可能性が高くなるからです。もちろん年金を貰って生活をすることはできますが、そもそも年金は原則差し押さえることが禁止されているお金なのです。また、人間はいつまでも健康で生きているわけではありません。あまりに高齢の契約者を増やしてしまうと、契約者が亡くなった場合にお金を回収することができなくなる可能性が高くなります。基本的には連帯保証人もいなく、無担保で信用だけの貸し借りとなっているため、契約者が亡くなったからといって家族に請求することはできないのです。カードローンやクレジットの年齡制限は各社違っています。モビットの場合は65歳までとなっています。65歳未満であれば契約することは可能ですが、返済中に65歳を超えてしまうようなことが想定できる場合、審査に通らないこともあります。それは希望契約金額や返済スケジュールによって異なってきます。もっと高齢でも契約できるカードローンやクレジットカードも存在はしていますが、多くのローンが65歳までとなっています。また働いていても年齢が上がってくると収入は落ちてきます。モビットは消費者金融ですので、年収の3分の1以上の貸付が禁止されている、総量規制対象の業者です。収入が減ってくると、自然と貸出できる金額も小さくなっていきます。収入証明は毎年提出しなければなりません。もし年収が減ったことによって、現在残っている借入額が年収の3分の1を超えてしまった場合、その時点で支払い専用の契約となってしまいます。毎月支払いをして借入額が減れば再び利用することができるようになりますが、収入が減ると使えなくなってしまうというリスクも存在します。それは高齢の場合に限らず、転職をしてその年だけ収入が減ってしまったようなときにも当てはまります。限度額ギリギリまで利用していると、収入が増えた場合には良いですが、減ってしまったときに利用できないリスクがあることを認識しておかなくてはなりません。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る