モビットを利用して個人事業主・自営業の人が借りる方法!

モビットを利用できるのは、年齢が満20歳以上から69歳以下で、安定した収入が見込める方、となっていますので、条件を満たせば個人事業主や自営業の方でも申しこめます。ただし、会社員やアルバイト、パート勤務の方は、会社に在籍していて、安定した収入が見込めますので、審査に必要な書類が少なくて済みます。モビットではウェブ完結で手続きが完了しますので、運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認の書類に、現在の収入が証明できる源泉徴収票等の書類だけで済む場合があります。個人事業主や自営業については、収入が安定していない可能性があったり、在籍確認だけでは実際に営業がされているかどうかが分かりにくいという側面があります。個人事業主や自営業者の収入の証明ができる書類は、確定申告書、それに付随する決算書や収支内訳書が必要になりますので、予めコピーをとっておくといいでしょう。モビットでは、2つの書類以外に営業状況確認のお願いという書類の提出を求められます。当期分の収支計画等を記入するのですが、場合によっては、審査の際に電話で確認が必要な場合もあります。できれば前期の収支や来季の収支計画や資金繰りについても、説明できるようにしておくと万全です。また、念のため、現在営業している証明として、営業許可証や領収書等の書類を用意しておくのもおすすめです。モビットに限らず、金融機関では、個人事業主や自営業の方は、会社に勤務している方よりも、信用度が低いことがあります。証明書類が多く必要になったり、確認事項が多くなりますが、それに応えればかえって信用度が増しますので、事前の準備をしっかりとしておきましょう。モビットへの申し込み条件は、「安定した収入があること」です。個人事業主や自営業の人でも、毎月途切れずに収入があるのなら、申し込みが可能です。個人事業主や自営業の人が金融機関からお金を借りる時の審査で不利になる理由は、事業失敗のリスクがあるからです。給与所得者のように、失業保険といったセーフティーネットがない分、一気に収入がゼロになってしまうリスクもあります。金融機関の審査では、現在の収入だけでなく、将来にわたって継続した収入が得られるかどうかも見られますので、個人事業主や自営業の人は最も不利な職業であると言われています。借入金額が大きく、返済期間が長期になる場合には、特に職業の安定性が重要になってきます。銀行カードローンで高額な資金を借りようと思えば、個人事業主や自営業の人は不利になってしまうでしょう。一方、消費者金融であるモビットでは、銀行の審査に通らないような人もターゲットにしているので、銀行に比べると自営業の人でも借りられる可能性は高くなります。自営業の人は、サラリーマンとは違って年収に上限がないのがメリットなので、給与所得者に比べて高収入であるケースも多く、総量規制の条件もクリアしやすいでしょう。モビットは最近、金利と限度額が変更され、金利が3.0%~18.0%、最高限度額が800万円になりました。ますます高所得者にとって有利なカードローンになっています。高収入の個人事業主や自営業の人は、モビットなら有利な条件でお金を借りられる可能性があります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る