モビットのメリットとデメリットをチェック!|他社との比較

お金を借りることが出来る消費者金融の「モビット」ですが、こちらには様々なメリット・デメリットが存在します。そのため、利用する際にはそれらをしっかりと把握しておくことが大切です。まず挙げられるモビットのメリットは、「WEBで申込が完結する」事です。審査結果の連絡はメールで受け取れ、入会申込書や契約書類などはインターネット上で交付され、振込キャッシングの手続きもインターネット上で行います。そのため、申込の段階から利用に至るまでの全てをインターネットで済ませることが可能となっています。しかも、契約書類などはネット上から交付されるので「家族にバレることも無くキャッシングの利用が出来る」という特徴もあります。また、「最短30分審査」というメリットもあります。最短30分審査というのは、業界トップクラスのスピードであり、融資を急いでいる方にとってはとても有難いサービスとなっています。ただ、これは審査の時間であって、借り入れまでが30分で出来るという訳ではないので注意して下さい。それでも、申し込みをした時間によっては、「即日融資」も可能となっています。しかし、モビットには「金利が高い」というデメリットが存在します。こちらの金利の設定は4.8%~18.0%となっており、消費者金融系の中では平均的となっています。しかし、銀行系の平均最大金利は14.0%~15.0%となっているいるため、金利を安くしたいという方にはオススメできません。また、「総量規制の対象」となっているため年収の3分の1までしか借り入れが出来ません。そのため、年収の3分の1を超える大口の借り入れをすることは出来ませんので、そのような方は、総量規制の対象外となっている銀行系を利用するしかありません。また、モビットのATMを利用して借入や返済を行う際には、利用手数料がかかってしまいます。しかし、指定銀行の口座を所持していれば、振込での借入や返済の手数料は無料となります。それでも、他の金融機関と比較すると、その自由度は低いと言えるのではないでしょうか。このようにモビットには様々なメリット・デメリットが存在しますが、何より魅力的なのが「WEB完結申込」なのではないでしょうか。電話連絡や在籍確認、自宅への書類の郵送が無いのは非常に助かる方も多いはずです。しかし、こちらを利用するのには「指定銀行の口座の所持」と「社会保険証、もしくは組合保険証」が必要になってくるので注意して下さい。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る