モビットの提出書類を調べてみました!|審査に必要なのは?

モビットは、三井住友銀行グループに所属している消費者金融業者で、20歳から69歳までの安定した収入を得ている人を対象とした個人向けカードローンがサービスの中心です。金利は、年3.0パーセントから年18.0パーセントで、利用限度額は1万円から800万円です。事業性資金以外であれば資金使途は自由であり、旅行や飲み会、ショッピングなどの遊び目的での利用も認められています。このモビットのカードローンを利用するためには、審査に通過しなくてはなりません。モビットは、店舗を持たずに業務を行っているので、窓口でのサービスはありません。ただし審査の申し込み方法は、インターネット、郵送、フリーダイヤル、ローン申し込み機と多彩な種類が用意されており、またオペレーター業務は行われているので不便を感じることはありません。なお、審査の申し込み時に必要となるのは、本人確認のための運転免許証の写しです。運転免許証を持っていない場合は、健康保険証かパスポートの写しのいずれかになります。また、希望額や他社借入残高によっては、給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書を提出書類として求められるケースもあります。これは、2010年に改正貸金業法が完全施行されたことにより、総量規制というルールを守らなくてはならないことが関係しています。総量規制とは、利用者の借り過ぎと業者の貸し過ぎを防ぐことを目的としており、借り入れ総額は年収の3分の1以内に制限するという内容です。このために、希望額が50万円を超える場合と希望額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合は、年収の3分の1以内であることを申し込み者の側が証明しなくてはなりません。貸金業法に違反した業者は行政処分の対象となるので、なあなあで済ませることは出来ません。このために、提出書類を用意できない場合は、審査に申し込むことが出来ないということになります。また、この総量規制が導入されたことにより、自身では収入を得ていない専業主婦は貸金業者の個人向けカードローンの対象からは外れています。モビットでもフリーターや派遣社員、個人事業主は可能ですが、専業主婦は利用することはできません。なお、審査は多数の金融業者が加盟している信用情報機関への照会が中心であり、登録されているクレジットヒストリーが重要なポイントとなります。返済能力により利用限度額が決定される仕組みで、1万円以上利用できると認識されればカードが発行されて融資実行となります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る