モビット|全額返済をするメリットって?

モビットでの返済にはかなりの自由度があります。さすがに銀行口座からの引落しは、自動引落しと言うだけであって、設定した金額を毎月支払う為、その都度設定を変える事はかなり骨が折れますが、ATMや銀行振り込みを利用しての返済であれば、その都度金額を変えて振り込むこともが可能です。それ故にかモビット利用のニーズは安定してずっと高い状態が続いています。しかし、モビットが設定した最低返済額以上であればいくらでも良いと言う自由度の高い返済方法には注意が必要です。返済期間が長くなればなる程金利が嵩み支払額は大きなものとなり、楽に返せると喜んでばかりではいられません。更にモビットは自前のATMを持たず、提携銀行のATMを利用する事になっている為、振り込み手数料も加算されます。銀行振り込みにしても同様、場合によってはATM利用よりも手数料がかかる場合があります。こうした状況を打破するには、毎月の返済額を多くする事で返済回数を短縮したり、少々無理をしてでも多めに返済する繰上げ返済や一括全額返済を検討する事になります。この中で最も効率的な返済方法は全額返済になります。全額返済実行時にコールセンターに金利がどれほどになっているのかを確認した上で振込みを行うことになります。消費者金融における金利計算は日歩計算になり関係上、返済日に応じた金利計算をしておく必要があるからです。全額返済は時期が早ければ早いほど金利や手数料支払の面でそのメリットはかなり大きくなります。少々無理をしてでも節約を心がけチャレンジする価値は大いにあります。振り込み方法は前述したようにATMや銀行からの振込みが主体となりますが、ここで注意すべきは振込みを依頼する銀行によっては手数料に差があることです。ネット銀行が比較的手数料は低くなっています。又、予め口座開設が必要ですが、一部の銀行からの振込みを利用する場合は手数料無料となりケースがあります。Webで検索をかける等してお調べになると良いでしょう。更に某コンビニに設置してあるマルチメディアキオスク端末からの振込みでも手数料無料での取扱が可能となっており、直接出向いてお調べになると良いでしょう。最後にしばしば問題となる、1000円未満の端数処理についてですが、モビットではATMが提携銀行設置のものとなっていますので、硬化に対応しており完済が可能です。因みに1000未満の未完済分については残しておいても金利はつきませんが、こうした状態のままですと、金融個人情報にその履歴が記載されたままになり、他社での借入申込の際に不利になる可能性があります。解約の検討もありかと考えます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る