モビット|前年度年収と審査の関係を徹底調査!

モビットの審査に申し込む時には、前年度年収を申告することが必須となっています。インターネットから申し込む時には申し込みフォームに記入し、電話で申し込む時には口頭で前年度年収を申告します。ただ単に「年収はいくらですか?」と聞かれることもありますが、この場合は前年度の年収を答えるのが通常です。さて、モビットの審査では、この前年度年収が大きく限度額に影響します。モビットは三井住友銀行グループとなっていますが、銀行カードローンではなく消費者金融ですので、貸金業法の総量規制を守らなければなりません。すなわち、「年収の3分の1を超える貸付はできない」のです。モビットでは、希望限度額が50万円以下の場合もしくは他社も含めた総借入額が100万円以下の場合には収入証明書の提出は必要ありません。そのため、年収を高めに申告する人がいますが、後で限度額を増額したくなった時に、収入証明書を提出したら申告していた年収よりも低くて怪しまれることになるかもしれないので、やめておいたほうが無難でしょう。また、源泉徴収票のかわりに2、3か月分の給与明細を提出することもできますが、給与明細に比べて前年度の年収が極端に低い場合にも、怪しまれてしまいます。金融機関の審査では、収入が低いことよりも本人が嘘をつくような信用のできない人物であると思われるほうがよほど不利になってしまうので、正直に申告することが大切です。アルバイトで収入が低くても、無理のない金額を借りるだけなら借りられる可能性は高いですが、嘘をついたり、過去の返済で延滞を繰り返しているような人間的な信用がないと、年収が高くても審査に落ちる可能性が高くなります。モビットでは、最高限度額が800万円、金利が3.0%~18.0%となっています。限度額800万円、金利3.0%という条件は一般的な銀行カードローンよりも良いので、この条件で借りられたらと思う人は多いでしょう。ただし、総量規制がかかるので、限度額800万円で借りるためには前年度年収が最低でも2400万円必要になってきます。あらかじめ自分の年収で借りられる限度額がどのくらいなのかを計算して、希望限度額を記入するようにすると良いでしょう。どうしても年収の3分の1を超える融資を受けたい場合には、総量規制のかからない銀行で借りるという方法があります。また、「おまとめローン」、「住宅ローン」、「自動車ローン」などは総量規制の対象外なので、消費者金融で借りる場合でも年収の3分の1を超えて借りることができます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る