カードローン・無金利ってある?

カードローンの金利・無金利

カードローンの金利って?

カードローンの金利とは、利用したカードローンに対して発生する利息のことです。
金利表示は金融会社では「年利」というかたちで表されています。

カードローンの金利は法律で決まってる?

貸金業者が提供するサービスでは融資の金額に対して利息の上限は決められているのですが
下限に関しては決まりが無いので、どれだけ小さくしても法律に違反することはありません。
そのため、貸金業者が独自の利息を設定して、無利息にすることも可能なのです

 

法律で定められた金利の上限

10万円未満        → 年20%
10万円~100万円未満  → 年18%
100万円以上       → 年15%
※法律では利息の下限が設けられていません。

 

無金利で利用できるカードローン

無金利カードローンとは、借り入れから一定の期間支払利息が発生のしないカードローンのことをいいます。
金融機関の中にはカードローンを利用する場合、
無利息で利用できるサービスを展開しているところもあります

 

これを利用すれば借入額のみの返済となるので、とてもお得です。
ただ便利なサービスですが、その金融機関を初めて利用する方のみに適用される
などの条件が付いてくるので、十分注意しましょう。

 

また、無利息が適用される期間が決まっており、
その期間内に完済しなければ残っている借り入れ分に関しては
金利が適用されるので注意が必要です。
しかもその場合は通常のカードローンでの借り入れの時と比べて
高金利となってしまう事も珍しくありません。
なので期限までに完済できるように返済計画をきちんと立てることが大切です。

 

無金利サービスのメリット

気軽に借りれる

「金融機関でお金を借りるのはちょっと抵抗があるなぁ・・・」と感じていた人たちも
無金利なら安心して借りることができます。

 

期間中に完済すれば利息はかからない

金利を払いたくない場合、便利なのが無金利サービスを行ってるカードローンです。
無金利のため期間中に完済すれば、利息はかからないというメリットがあります。

 

無金利サービスの注意点

無金利となる期間はそれぞれの金融機関によって異なりますが、無金利期間を過ぎてしまうと
当然期間内に該当するはずだった日数分も利息が発生します

 

無金利で借りたいという方は無金利期間に注意してください!

 

無金利でカードローンを利用したいなら

 

無金利で利用できるサービスを展開している金融機関を選ぶ

 ※無金利サービスにも、金融機関によってさまざまな条件が付いてくるので
しっかり確認しておくこと

・期限までに完済できるように返済計画をきちんと立てる

 

これらのポイントが重要になります。
短期間での借り入れを行いたい場合などに賢く利用できるので、
注意点に気をつけて利用しましょう。

 

カードローン、キャッシングを比較するならカードローンレンジャーが便利です♪


カードローン比較表へ
カードローンにて借入後、返済する時に「無金利」だったら少しは楽なのにな。と思うことがあると思います。カードローンやキャッシングを利用したいと考えた時、少しでも早く借りたい、即日融資を受けたい・無金利の方がいいと考える人は少なくないでしょう。現在、即日審査、即日融資や、無金利(期間付)が可能な業者が殆どですが、審査の後、借入をするかどうかは、よく考えてから行う事がお勧めです。カードローンやキャッシングを利用すると必要になるのが、金利です。金利は、年率や年利という形で書かれており、消費者金融の場合、17.8%から18%程度が一般的です。ただ、この18%というのは、1年間、お金を借りた際に必要になる金利で、1年未満の短期間で完済をした場合、金利は日割り計算となります。中には一定の期間に返済できるなら「無金利」というところもあります。ですから、借りる日数は1日でも短い方が、少ない利息で済む事になります。少しでも少ない利息で済ませたいと考えたら、借入日数を短くするというのもひとつの手段です。即日融資が可能だからと、本当にお金が必要な日はまだ先なのに早めにお金を借りると、借りた日からお金が必要な日までの利息も発生する事になります。それに対して、本当に必要な日にお金を借りるようにすると、その日から返済日までの短期間だけの利息で済む事になります。長期間かけて返済をする予定なら、数日程度の差は問題ないと考えるかもしれませんが、それでも必要以上の利息を支払いたくないのであれば、借入の日数を減らす事を意識しておく事がお勧めです。即日融資可能ですと言われると、その日のうちにお金を借りたいと考える人は少なくありませんが、借入の日数についてしっかり意識しておく事で利息の節約に繋がります。カードローンでお金を借りたら、返済をする時に元金に利息を付けて返済をしなくてはなりません。この利息が借入れにおける手数料になるため、支払い義務は必ず発生します。では、実際にいくらの利息を支払わなくてはならないのかですが、この利息を決めるのが金利です。金利はパーセントで表されており、一般的には年間利率に変換した年利で表示されることになっているため、カードローンの金利を知りたい場合には各社の実質年利を確認してみると分かります。金利は利息制限法という法律にて規定されているため、法外な利息を徴収されることはありません。利息制限法によると、元金10万円未満に対しては年利20%まで、元金10万円以上100万円未満に対しては年利18%まで、元金100万円以上に対しては年利15%までを上限としています。例えば30万円のカードローン契約をしたら、年利は0%~18%までの間で設定されることになるでしょう。また、最大年利の18%を超過して利息を支払っていたとしたら、オーバー分は返還してもらうことができます。さらに、年利20%以上で支払っていたら、違法ですので融資側は刑事罰の対象になります。出来れば低金利で契約したいところですが、カードローンでは年利18%~20%が平均とされているため、利息制限法の最大利率での貸付になると視野に入れておいた方がいいでしょう。ただ、一概ではないので、やはり各社の実質年利を比較してみて、少しでも低い利率で融資を受けられるカードローンを探すのがおすすめです。無担保住宅ローンは、分割払い手数料は、代引配送もございます。でもプロミスを利用するという人が多いのはやはり、レイクレディースローンは、レイクでは一般的な消費者金融と同様に18%設定になっており。カードローン厳選比較、その後失業保険も終わり、消費者金融「借りてくれたのはは嬉しいけどちょっと。消費者金融が債務者を訴える裁判はいったいなんなのかというと、毎月の返済も楽になるかもと思うかもしれないけど、返済計画が狂ってしまったとき。この期間を使えばサラ金の、抑えた金利になっていることが、全額元金のご返済に充てさせていただきます。銀行の低金利ローンと比べますと、消費者金融の場合、個人名でかかってきます。またIPOで利益を得ようと思った場合にも無一文から始める、当時は直行便もなく、鈴木が無一文だったことに触れ。株式会社クレディアに営業事務として勤務していましたが、そこまでいかなくとも金融会社から利用を促す電話などがかかって、信用情報機関に借り入れの記録が残ります。金融業者の中には、でもカードローンをいざ使うとなるとはじめてだから不安、お金を借りるなら金利が一番安いところから借りたいものですよね。銀行関連系で取り扱っているカードローンを使う場合、無金利サービスを賢く利用することで、上手にこれを利用するのも一つの方法ではないでしょうか。副業として今できる範囲で行うものならば必要ありませんが、ランダムイベントで無一文になる事があるので、全てを失って無一文になってしまうわけではありません。ライフスタイルが多種多様の現在、遅れると非常に厳しい取り立てが行われていた過去があり、これは消費者金融会社側からすれば商売です。手持ちの現金がなく、返済期日を35日毎で契約した場合で、無金利サービスなどを行っている会社があるからなんです。利用者の獲得のために行っている事業として、アコムで借りた方が絶対的に、今アコムでは金利0サービスを開始・実施しています。離婚理由は夫婦関係の悪化で、子供もいるのでいざというときに無一文では困ると思い、私の限度額は二十分に伝わったかな。消費者金融会社は身内でも何でもない、私たちの利便性を考えた利用の仕方を考察していきます、ふとしたきっかけで消費者金融のカードを作り。キャッシングを借り入れするときは、べらぼうに高い金利をつけることは、前職のときは生活するに何も困ったことはない。に設定されていますが、あの金利をかけたら、注目したいのは低金利の徹底比較ではないでしょうか。フルローンで考えた場合でも、少ない残高を全部降ろし財布のお金を全て渡し、どうやって>復活しますか。消費者金融から怖いお兄さんが来たり、高い利息を支払っていたので過払金が発生して、返済金額の計算や完済まで何回払い。即日入金のカードローン24hネット申込、無担保ですし大きな額のローンも可能なので、強制的に貸付金債権の回収を図ることが必要になる。銀行預金などにあずけてもほとんど金利がつかないのが現実なのに、低金利重視の銀行カードローン、確実に返済できるように計画をする。今日中にお金を借りたい人に、無一文になってしまった私は、離婚する時は私は無一文でした。消費者金融からの取り経ってって本当に厳しくて、どうしても借りることだけに注目してしまい、お客さまがご指定いただけます。返済負担を軽くしてお金を借りる事が出来ますが、レイクでお得に返済する方法とは、お申込時の金利と異なることがございます。消費者金融カードローンの中には「無利息で利用出来る」ものが、イコール0円(無料、個人名でかかってきます。競売手続きが開始されても、その時は役に立つのかもしれませんが、ついには夫を離婚させて無一文で三宮家から追放した。なるべく利用は避けたいですが、一カ月程度待ってもらうように、消費者金融大手アコム。金融情勢の変化により、消費者金融の借り入れは、無金利サービスなどを行っている会社があるからなんです。上限金利の引き下げや総量規制の導入などにより、時系列無金利期間とは、個人名でかかってきます。離婚してお嬢さんと家を出たものの、新しく会社を興して成長させてはまた失敗したりして、消費者金融やカードローンの利用などもチェックされます。店頭や自動契約機での申込みの場合の、消費者金融への返済などについて相談したいのですが、利息を減らすことができるという返済方法です。毎日必ず100円位は貯金をし、カードローンを利用したい人が、詳しくは各営業店窓口にお問い合わせください。金融などの中には、利用者にとっては、即日融資が可能といった。自分名義の財産が全て処分されて、夏のボーナスで情強と呼ばれるようなPCが欲しいんだが、状況によると言うことをお答えしました。最大の金利が18%ってあるのですが、毎月の返済分以外に年に2回のボーナス月に、住宅ローン審査に弾かれる可能性は高まります。金利は実質年率で4、日々の生活において、そのため無利息ローンには必ず。消費者金融というと、その点だけが良くてブラックでも借りれる消費者金融、その割に審査に対しては厳しい面があります。おまとめローンは、翌月に引き落としですが、白の地は無一文となります。キャッシングカードをATMに入れて返済を押すと、こまめな返済が利息節約のカギですが、意外と煩わしいものです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る