カードローンの審査ポイント!必ず確認の3つのポイント!

カードローンの審査と聞くと、収入のことが頭に浮かぶかもしれません。しかし、他にも様々な点を金融機関は確認します。
金融機関によって、審査基準は異なりますが、多くの場合次の項目をチェックしています!

 

 

※審査が不安な方は、Webから仮審査を申し込むのもGOOD!
 目安ですが、借り入れ可能かどうかの仮審査をスピーディに受けることができます。


カードローン比較表へ

 

 

カードローン審査の3つのポイント


短期間に複数の金融機関へ申込をしていない

過去に支払の遅れや延滞が無い

 

①安定した収入がある

お金を借りる際、必ず収入について調査されます。もちろん、無職ではお金を借りることはできません。
そして、収入が多い方が良いのですが、それだけではありません。
大切なのは、一定の収入を安定して得ているということです。
なので、アルバイトやパートで働いている場合であっても審査に通る場合もあり、逆に正社員で上場企業に務められていても勤続年数が1年未満だと安定して収入を得てるとは見なされないこともあります。

収入や勤務先、勤続年数などの情報は個人属性と言われます。
他にも、年齢、雇用形態、家族構成、保険証の種類、居住形態などが審査されます。
目安として、次のように評価の高い・低いが分かれます。

 

収入:収入が多く安定している > 収入が低く不安定

 

年齢:20代~50代 > 60代以上

 

居住形態:持ち家(自分) > 持ち家(家族) > 賃貸

 

雇用形態:公務員 > 正社員 > 自営業 > アルバイト

 

勤続年数:長期間 > 短期間

 

保険証:共済、組合保険 > 社会保険 > 国民健康保険

 

これらが総合的に判断されます。審査に不安がある方はまず、Webからも可能な仮診断を利用してみるのも良いかもしれません。

 

②短期間に複数の金融機関に申込をしていない

審査する側は、返済する能力はもちろん、返済する意志があるかを知りたがっています。
同時に複数の金融機関にカードローンの申し込みをしていると、返済能力と意志を疑われてしまいます。
スムーズに借入を行いたい場合は、短期間に複数の会社に申込をすることを避け、まずあなたに合った借入先を選ぶことから始めましょう。

金融機関は、借入だけではなく他の金融機関への申し込みの状況も信用情報機関を通して知ることができます。
決まった数字があるわけではありませんが、1ヶ月に3社以上に申し込みをするのは避けたほうが良いと言われています。
なので闇雲に審査を受けるのではなく、審査される点と各カードローン会社の特徴を知って、まずは自分にあったカードローンをいくつか見つけましょう!

 

③過去に支払の遅れや遅延が無い

支払いの遅れや延滞は、金融事故として個人の信用情報に記載されます
延滞はその履歴が消えるまで一般的に5年かかると言われています。
信用情報の開示請求によって自分の信用情報を確認することもできるので、過去に経験のある方は開示請求を検討されても良いかもしれません。

 

カードローンの審査基準とは?

カードローンの審査に落ちてしまった場合、なぜ落ちてしまったかを知ることはできません。
その場合、短期間での複数の金融機関への申し込み過去に返済の遅れや延滞もないのであれば、個人属性に問題があったと考えるしかありません。
しかし、年収や勤続年数などの個人属性をすぐに良くしようと思っても難しいですよね。
だからこそ、自分に合ったカードローンを探し出すことが大切なのです。
カードローンには、銀行系や消費者金融系、信販系などの種類がありそれぞれ異なった特徴を持っており、審査基準の傾向も違います。
それぞれの特徴をしっかり比較して、賢くカードローンの申し込みをしましょう!

 

カードローンの比較はこちらのサイトが便利です↓↓


カードローン比較表へ

カードローンには審査がありますが、これは各社において審査の合格基準というのがあります。もちろん、その審査基準は公開されていませんし、不合格になった場合でも、その理由は絶対に教えてくれません。インターネットからカードローンの審査基準について調べると、数々の情報が出てきますが、その大半は利用者の推測で成り立っていることを覚えておきましょう。さて、カードローンの審査基準は各社で異なり、借入希望者の状態によって合格しやすい会社、合格することが難しい会社があります。やはり自身にとって合格しやすい会社を選ぶ方がお金を借りれる可能性が高くなるわけなので、そうした会社を誰もが見つけたいところです。審査ではどんなことが重要なのか、これは年収や信用です。年収が高いなら合格し

やすくなりますし、信用があるなら年収が低くても合格できる会社を見つけることができるかもしれません。カードローンの審査基準が、銀行が提供するカードローンと比べて比較的厳しくないと言われるのは中小の消費者金融です。また、銀行の場合ですと収入証明不要でも申し込むことが出来るカードローンもあるので、こちらもオススメです。これは収入が問われないので、高収入ではないという人にオススメです。しかしながら銀行なので、信用が無いなら合格は厳しくなります。自分でも合格できる会社は必ず見つけることが出来るので、審査基準の知識を持っておきましょう。カードローンは作る時に審査をして、その後はカード上限内なら繰り返し使えます。そのため、1枚持っていると何度も最初から申し込みや審査がなくても借りることができて、時間の短縮、手間を省くなど多くのメリットがあります。ですから、カードを作る最初だけはしっかりとした審査が必要です。しかし、カードローンは1度作れば、問題なければ何度も使えるということは、審査基準が厳しいのではと思ってしまう方もいると思います。しかし、カードローンも審査の内容は基本的に通常のローンやキャッシングと同じです。大切なのは、本人確認、支払能力があるかという点が審査のポイントです。ですから、審査の際の必要な書類も特別なことはありません。申し込み書に記入して、身分証明書や所得証明などが審査で必要となるだけです。比較的簡単に手に入れられる書類ばかりなので、難しいことも審査の前に時間がかかることもありません。ただ、高額な上限額のカードだと、別途必要な書類も出てきますが、一般的には他のローンと一緒です。審査でチェックされる内容も本人が実在するか、仕事の確認、支払が可能かなどですから特別に難しいことはありません。ですから、審査基準がどういうものかを知って、前もって審査の前に諦めずに申し込んでみることが大切です。特に気負うことなく、通常のローンなどと一緒のように申しこめばいいだけです。カードローンも時間がかからずにスピーディーに結果を出してくれる会社も多くなっています。ですから、急いでいる時でも安心して利用することができます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

このページの先頭へ戻る